イライラ感じた時は

イライラ感を抑えられない。

ちょっとしたことで夫や子供を怒鳴り散らしてしまい、その都度、自己嫌悪に陥る。

そして、そのイライラの原因が更年期障害ではないかと思う方も多くいると思います

西洋医学の「肝臓」と東洋医学でいう「肝」とは考え方が異なります。
東洋医学の「肝」には、肝臓の機能に加え、目や筋肉の働きも関係し、血液を蓄えスムーズに流す働きがあります。

さらには、全身に気を巡らす“気持ちの部分”にも関係しています。

どうしてか分からないが、漠然とした不安感があり、夜も熟睡できない。これらも、イライラと同様に、肝の機能低下から起こります。
そこでチョイスしたい和漢パウダーは青と黒。

肝と腎とのバランスを整え身心ともに健やかな毎日をお送り下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング

ピックアップ記事

  1. 東洋医学では、気血水がバランスよく存在し、巡っていると病になりづらく、体調不良はこの3つがバランスを…
  2. イライラ感を抑えられない。ちょっとしたことで夫や子供を怒鳴り散らしてしまい、その都度、自己嫌…
  3. 2017/12/3

    温活のススメ
    ~万病のもとと言われる【冷え】~日本の成人女性の3人に1人は冷え性と言われれるくらい…
  4. 今年も花粉の飛散が始まったようです。待ちゆく人、電車の中、クシャミや鼻詰まり、目のかゆみなど症状が出…

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 東洋医学では、気血水がバランスよく存在し、巡っていると病になりづらく、体調不良はこの3つがバランスを…

ピックアップ記事

  1. 今年も花粉の飛散が始まったようです。待ちゆく人、電車の中、クシャミや鼻詰まり、目のかゆみなど症状が出…

ピックアップ記事

  1. 今年も花粉の飛散が始まったようです。待ちゆく人、電車の中、クシャミや鼻詰まり、目のかゆみなど症状が出…
ページ上部へ戻る